それって「インフル・ハラスメント」かも?!

それって「インフル・ハラスメント」かも?!

こんにちは!

オロク商会取材班、章子です。

 

 

インフルエンザにかかっているのに

 

上司に休ませてもらえなかったり、

予防意識の低さを責められたり、

マスクの使用が許可されない、ことなどを

「インフルエンザ・ハラスメント」

と言うそうです。

 

医薬品の養命酒製造株式会社が行った調査によると、

 

インフルが完治する前に出社した人が

2割以上もいたそうで、

休みが一切取れなかった人も一定数いたとのこと。

 

実は、2019年は

史上2番目に早く流行入りした年なのだそうです。

 

また、昨年12月15日までに

インフルで診察を受けた人数は全国53万人。

 

前の週と比べると、

なんと20万人も増加しており

急激に感染者数が増えたことがわかります。

 

どうしても代わりがいなくて休めない、

という職場も多いかと思いますが、

 

スタッフ同士やお客様にうつってしまうと

余計に大変なことになってしまいます。

 

 

また、インフルの初期は症状が軽く

熱が出ないことも多いです。

 

少し体調不良を感じた段階で

休養をとることをお互い勧めあう余裕を持つことで、

職場や社会全体の流行を抑えることに

繋がるのではないでしょうか。

 

 

ちなみに、

インフルエンザにかかっている人が

近くにいる場合は、

マスクと手洗いに加え、

ドアノブなど皆が触れる場所を拭くなどして

ウィルスを減らしていくことが

最も効果があるそうですよ^^

 

それでは、また。

 

 

#章子

2020-01-12T08:46:32+09:002020/01/12|カテゴリー: スタッフブログ|